2016-2017年版 SAT電験3種講座テキスト誤植訂正(機械編)

  • P.10上から13行目

和同複巻は→和動複巻は、

  • P.15下から2行目と下から1行目

89I^2→81I^2

効率は89I^2/105I^2=85%→効率は81I^2/105I^2=77%

  • P24上から2行目

同期リアクタンスに反比例→同期インピーダンスに反比例

  • P25下から4行目

×空隙を小さくすると効率が悪くなってしまう

〇空隙を小さくしないと効率が悪くなってしまう

  • P.26図

E1の上側端子から変圧器方向に「I1→」を追加

  • P.33上から2行目

このとき、→vaが実効値100Vの交流であるとき、

  • P.33図1

右側のva→vd

負荷抵抗からサイリスタ回路側に向かう矢印「←」を削除

  • P.42図

電磁誘導で生じる電流(過電流)→電磁誘導で生じる電流(渦電流)

  • P.48・P.49・P.56

電験3種→電験三種(他にも同様な部分があれば統一。ローマ数字でも漢数字でも良いけど、本の表題が漢数字なので、それに合わせる)

  • P.52上から4行目~5行目

NOR、NAND、EXORの後に「回路」を追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。