平成29年度電験3種問題解説・機械問11

【解答】(5)

ブリッジ整流回路は、その負荷側に平滑コンデンサが接続されている場合、平滑コンデンサに貯まっている電荷による電圧より、電源側の波形の電圧が高くなっているタイミングでダイオードは通流します。

まずi1ですが、交流電圧波形が正のときに正の電流が流れますから(当然です)、電流波形1しか考えられません。次にi2ですが、回路の電圧と電流の向きを考えると、電流波形3になることが分かります。この段階で答えは(5)と決定されます。

「ダイオードは、その両端の電圧が順方向となっている場合のみ導通して電流を流す」という動作の基本を押さえ、冷静に落ち着いて考えれば易しい問題です。

「平成29年度電験3種問題解説・機械問11」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。